2009年06月08日

URLをコピー貼り付けする

su-pu.jpg

栃木の塩原温泉でうわさの「スープ焼きそば」を食べました。
焼きそばがラーメンのスープに入っている感じ!
かなり美味しかったですよ!はじめに考えた人は、たいしたもんですね。


----------------------------------
ネット&ブログ活用の話
「このページを見てください」とメールの本文やブログにURLを貼り付けることは多いですね。
先日サポートしている時に、私が「出てきたURLをコピーして貼り付けてください」と説明しました。
しかし、AさんなかなかそのURLをコピーできなかったのです(^_^;

今さらですが、ブラウザーのURLのコピーの仕方です。


URLをコピーしたい画面のURLの場所に、カーソル(縦棒)がない時、そのURL上でクリックします。

url1.jpg

(この場合、右クリックのほうが一発で作業できます)
メニューが出てきますから、コピーを選択します。(これで終りです(笑))



url2.jpg

すでにカーソル(縦棒)がある時は、もう一度URLの最後で左クリックをして、クリックしたまま左に移動して先頭までいって離します。

url-3.jpg

最初と同じように
反転した上で右クリック。
メニューが出てきますから、コピーを選択します。

あとは、必要な場所へ貼り付けてください。


.

posted by うぇるふぁー at 00:19 | Comment(10) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

考えすぎて動けない人のための「みとめる勉強会」

ポピーの花

お袋は花が好きで、庭に色々花を植えたり種を蒔いておきます。
おかげで、次から次に花が咲いて私を楽しませてくれます。
↑この写真は数日前に携帯カメラで撮ったポピーです。

----------------------------------
今日は、木戸先生の勉強会のお知らせです。
考えすぎて動けない人のための「みとめる勉強会」
http://mitomeru.com/menu5.html

  ※「みとめの3原則」とはこちらです。⇒

友人の社会保険労務士 木川秀子さんがゲストで参加します。

最近、木川さん木戸先生の勉強会に呼ばれることが多く
木川さんが話しをすると参加者の方々が感動で、泣く人が続出するということです。
その様子はこちらです。
http://mitomeru.com/menu5.html


ここからは木戸先生からの紹介です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
----------------------------------------------
■あと7人、ご参加ください(^0^)/
 6月3日(水)19:00〜21:30 東京
 考えすぎて動けない人のための「みとめる勉強会」
 ⇒ http://mitomeru.com/menu5.html


ん〜…

回を重ねるごとに
満席になるスピードが加速してきた
「みとめる勉強会」が

今回まだ7人分席が空いています。


次のメッセージに共感いただいた方は
ご参加ください、ぜひ!


  私はこれまで部下には、できた事はあまりほめず、
 できなかった事にフォーカスして
 指摘をするいやな上司でした。

 人に感謝をする事が苦手で心には思っていても
 口に出す事はほとんど無かったんですが、
 3月の勉強会に出席し、
 少しづつですがみとめメールをするようになり
 感謝の言葉が言えるようになってきました。

 もっと人を受け入れる事ができる
 器の大きな人間になりたいです。


Iさん!

素晴らしいメッセージ
ありがとうございます!!


「部下のできなかったところに
 フォーカスをしてしまう」

いやぁ、この気持ち
ほんと、よ〜〜〜〜く、わかります。


うまく行っているときはいいんですけど
そうないときは
つい、そこにフォーカスしてしまうのは
私もそうです。今でも。


そんなとき
自分の不満の気持ちを紙に書いたりしていると
いいところにフォーカスできますよ。


「人の良いところに、よりフォーカスできる自分に変えたい!」
そう思った人はこちらへ⇒ http://mitomeru.com/menu5.html


【みとめの3原則とは?】

この世の中すべての問題は「認める」ことをすれば
すべてがうまく行きます。
しかし、そうはいっても認められない人もいます。

価値観や考え方がまったく違う人を
心の底から認めることなんてできません。

そんなときは、認めることをしなくてもいい。
「見とめる(=受けとめる)」だけでいい。

「見とめる」をやり続けることで
「認める(=受け入れる)」ことが
できるようになるからです。

「認める」をやり続けると今度は
「皆豊める(=受け入れ合う)」という
最高の関係を築くことができます。

「見とめる」 → 「認める」 → 「皆豊める」
(受けとめる)(受け入れる)(受け入れ合う)

これを「みとめの3原則」と呼びます!


.

posted by うぇるふぁー at 00:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。