2007年06月05日

ネットは百科事典よりすごい

先週の日曜日、私はある作業をしました。

P6040007.jpg納屋の中に生えた竹

それは、竹を根から枯らす作業です。

お米作りで○十年前、今のように乾燥機がなかったころ、稲を「とば」と言って、木のくいと竹で作ったところに乾していました。

だから、竹は稲を乾すための材料として貴重でした。

P6040010.jpgしかし今は、年に一度竹の子を食べるためだけになっています。
(結構うちの竹の子はおいしいです。)

しかし、竹は年々、根を伸ばし、納屋の中まで進入していきます。
あまり使わない納屋はうっかりすると上の写真のようにお化け屋敷のようになってしまいます。

ついには、コンクリートの土間の納屋まで進入して、土間のコンクリートにひびを入れます。

これではたいへんなので、何とかしなくては思いながら何年もたってしまいました。

「竹は、除草剤を上からかけても、そう簡単に枯れないだろう」と思いながら、なかなか行動に移れなかったのです。

 

 

竹竹

数ヶ月前、インターネットで、検索していたら

「ドリルで穴を開け、ラウンドアップという根まで枯らすという除草剤の原液を注入すると良い」
という記事をみつけました。

P6040003.jpg

竹を枯らす
「確かに、竹の内部に除草剤を入れれば枯れるに違いない」そう思い、次回の竹の子を食べた後に枯らすことを決心していました。

おふくろが
「本当に枯れるかな」「だれに聞いたの」と少し疑います。


「インターネットだよ」
おふくろ
「大丈夫かな」 ごもっともな話です。

今や、インターネットで検索すると、かなりの疑問・問題を解決できる回答を探すことができます。
私は、すごーく重宝しています。すごい世の中です。

でも、法律的なこと命に関わるような重要なことは慎重に内容を確認してくださいね。
必ずしも正しいという保証はありませんので。。

今回のような竹を枯らすことは、私の自己責任で大丈夫と思い信用して実行しました。

ためになったら ポッチとお願いします。バナー 
あなたのお役にたてると私は嬉しいです。

posted by うぇるふぁー at 22:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
林の大きな樹もこの方法で枯らせますよ。
大きな木ほど枯れて倒れるときが危ないのですが。
また、竹を枯らす別の薬があり、よくむかし、林野庁が使用したそうです。
Posted by 日本一のみかん農家 at 2007年06月05日 22:42
ちょっと分からないことがあれば、私も
グーグル。出張中は携帯電話でグーグル。
時刻表で調べると30分間以上かかる乗り継ぎ検索作業が、ボタン一発。便利いいですね。

でも、日本一のみかん農家さんのコメント
これは役に立ちますね。
我が家には大きな木も竹もありませんが、
雑学で参考になりました。
Posted by ユーアイネットョップ店長うちまる at 2007年06月06日 07:11
グーグルで、検索しますねぇ。
個人宅の配達には、地図検索が欠かせません。
利便性に感謝しております。
岩波さんも岩本さんも、すごい!
Posted by ももとごん at 2007年06月06日 10:10
すごいですね!!
そんな方法があったとは、知りませんでした。
まさにネット社会ですね!!
Posted by HTIおじさん at 2007年06月06日 21:48
何でも使い方を間違うと大変なことになりましね。
インターネットも同じ。
でも、何故かインターネットの情報は正しいと思ってしまうのは何故なんだろう?
う〜ん、不思議!
Posted by 直/来福家:福井市リフォーム住宅会社 at 2007年06月07日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103019725
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。